市民記者ブログ

冬至の夜 松本市美術館~日本浮世絵美術館~歴史の里 松本ナイトミュージアム

風もなく暖かな穏やかな1日 日が暮れて

今回初開催の「松本ナイトミュージアム」に出かけました。

幻の華

幻の華

松本市美術館と言えばやはり草間彌生さん「幻の華」

今宵は館のライトが透けて暗闇の中に、一段と美しく草間作品が美しく浮かび上がっています。

ギャラリートーク

ギャラリートーク

本日のスペシャルイベントは、ギャラリートーク「草間彌生 魂のおきどころ」3回開催

各々静かな館内をゆっくり展示を楽しめます。

草間彌生常設展示

草間彌生常設展示

コレクション展「草間彌生 魂のおきどころ展
会期 2017年4月6日(木) 〜 2018年2月18日(日)
会場 常設展示室C

コレクション展

コレクション展

コレクション展
宮坂勝と石井柏亭 ―二人の画家と松本と―
会期 2017年11月7日(火) 〜 2018年2月18日(日)
12/29~1/2は休館、1/3は無料開館

会場 常設展示室B

松本市美術館内

松本市美術館内

華と月

華と月

松本市美術館の駐車場からシャトルバスに乗り松本バスターミナル経由で、日本浮世絵博物館に行きまました。

日本浮世絵博物館

日本浮世絵博物館

夜の闇に浮かびあがる「日本浮世絵博物館」

イベント案内

イベント案内

日本浮世絵博物館のイベントタイトルは、「浮世絵ってなんだろう? Ask Me ぎもん・しつもん聞いてみよう!」

展示場内で「Ask me about ukiyo-e」と書いた赤いバッチを胸に付けた方は、日本浮世絵博物館の酒井館長さんです。

酒井館長

酒井館長

お話しを伺っていると、小さなお子さん3人兄弟から、館長さんに質問です。

Q「浮世絵ってなんですか?」A「江戸時代に・・」Q「江戸時代てなぁに?」
「版画ってなんですか?」
質問攻めにも丁寧に答えられていました!

展示室内

展示室内

次回「第2弾松本ナイトミュージアム」は、2月14日(水) バレンタインデー
この日は、大人のナイトミュージアムで、バレンタインをテーマにしたイベントを企画するそうです。

浮世絵博物館のホワイエで、ドリンクやチョコレートなど頂けたら、楽しいですね。
と皆で次回への妄想で話しが盛り上がりました。
とても楽しみです♪

*現在開催中の展示は、「日本浮世絵博物館公式HP」をご覧ください。

旧松本区裁判所庁舎

旧松本区裁判所庁舎

隣にある「歴史の里」でもナイトミュージアムを併せて開催されていました。

ナイトミュージアム1,000円のチケット提示で、観覧料400円のところ100円引きになります。

★平成29年11月28日に「旧松本区裁判所庁舎」が重要文化財に指定されました。
詳細は、こちらをご覧ください。

裁判風景

裁判風景

だあれもいないはずの裁判所内、中に入ってビックリ!
人形だって、知っていても驚いちゃいました。夜だから余計怖い・・

宝来屋

宝来屋

こちらにも人が!

奈川から移築した「工女宿 宝来屋」古い民家の中で、来館者に暖をとってもらうために囲炉裏に薪をくべていました。

囲炉裏

囲炉裏

炎を見ながら、しばし雑談
なんだかとても落ち着きます。この雰囲気は、いいですね~
もし2月14日もこちらでもナイトミュージアム開催した
その際は、この囲炉裏旗でおやきや美味しいお蕎麦でも食べいものですね。
再び妄想談義!

シャトルバス

シャトルバス

帰りもシャトルバスに乗せてもらい帰りました。日本浮世絵博物館から渋滞にはまり、松本バスターミナルまで45分かかりました。

ミュージアムのはしご、3館全く違うミュージアムを1度に味わうのは、とても貴重な体験でした。

三日月が綺麗ないい夜でした。

*イルミネーションの記事は、こちらになります。

    【市民記者 やまもと】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。