市民記者ブログ

四賀小6年生 殿村遺跡調査報告会に花添える発表!

2017年12月17日松本市四賀支所内のピナスホールで「殿村遺跡とその時代Ⅷ」ー平成29年度調査報告会・講演ーがありました。遺跡発掘はH20年四賀小学校建設予定地から石垣(室町時代)が現れたことから始まり、市民や子供たちの関心が高まり、今年は調査開始の9年目を迎えました。四賀小6年生がこれまでの課外授業や、発掘体験学習で学んだ成果を自分たちで考えた提案という形でテーマ別に発表していました。

「未来へつなぐ四賀の宝」四賀小6年生の発表

「未来へつなぐ四賀の宝」四賀小6年生の発表

四賀支所ピナスホールステージ、四賀小学校6年生の登壇

四賀支所ピナスホールステージ、四賀小学校6年生の登壇

四賀小学校六年生による発表

四賀小学校六年生による発表

私たちが考えた「夢の史跡公園計画」

私たちが考えた「夢の史跡公園計画」、「城跡ツアー」など・・・

文化財課長の大竹永明さんは挨拶で、四賀小学校6年生へ「花を添えてくれてありがとう」と感謝の言葉を述べられました。また、「四賀地区の文化財が地域の人々の絆や、子供たちの未来へつながる」とお話をされました。

文化財課長 大竹 務さん

文化財課長 大竹 務さん

 

 

 

 

 

 

 

次いで、文化財課の竹原学さんによる「報告ー殿村遺跡発掘9年間の歩み」と題しての調査報告がありました。映像を使用した、分りやすい説明がなされました。

文化財課 竹原 学さんの報告「殿村遺跡発掘9年間の歩み」

文化財課 竹原 学さんの報告「殿村遺跡発掘9年間の歩み」

次に、立正大学教授、時枝務さんによる「殿村遺跡とその時代ー中世の山寺と殿村遺跡」の講演がありました。他の史跡を参照しながら虚空蔵山・山寺の石積・山寺の宗教空間・岩屋神社・修行窟・水の信仰・修行道の時代など、解りやすく解説されました。さらに、これからの若い人たちに向けて、「未だ何もわかっていないのだ」という言葉を頂きました。

立正大学教授時枝務先生講演

立正大学教授 時枝務先生 講演

展示パネル、遺物などを見る来場者

展示パネル、遺物などを見る来場者

今後の、アドバイスとして・・・・禅宗の匂い・山岳信仰との関係・信者はどこから来たか?の問題など、すべてはこれからに期待したいと最後に謙虚に語られました。【市民記者 上條】

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。