市民記者ブログ

第36回 国宝松本城「人形飾り物展」

長く続いた雨も上がり少し青空も見えた松本市

14日から開催の第36回 国宝松本城「人形飾り物展」を見てきました。

人形飾り

人形飾り

今年のテーマは「戸田康長公がまつった二十六夜神」

宿直をしていた家臣の川井八郎三郎清良(かわいはちろうきよはる)

東の空から月が出る頃、緋色の絹の袴を纏った美しい女神二十六夜神が現れ、
「藩士皆に餅を振る舞い祝いなさい」というお告げを与え、
そのお告げのとおり藩主戸田康長公が、皆に餅を振る舞っている物語が人形で再現されています。

その後天守六階の梁上に「二十六夜神様」お祀りされました。

テーマ

テーマ

 

開催日:10月14日(土)~11月5日(日)までの23日間
開催時間:8:30~17:00
開催場所:国宝松本城本丸庭園
入場料:松本城観覧料が必要です。大人610円、小人300円(国宝松本城と松本市立博物館常設展が観覧できます)、団体割引あり。※最終入場は16:30
内容:第61回国宝松本城お城まつりの一環として、松本城に伝わる話をテーマに人形飾り物展を開催いたします。

【お問い合わせ先】松本城管理事務所

〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号
TEL 0263-32-2902 FAX 0263-32-2904

市役所前

市役所前

松本市役所前の銀杏並木 1本だけ黄色く色づき始めました。

【市民記者 やまもと】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。