市民記者ブログ

2017/10/13 舘野泉さん、桂重英さんの共振空間出現!(桂重英美術館でプライベートコンサート)

左手のピアニストとして知られる舘野泉さんが30年間あたためた思い、それはこの美術館で演奏することでした。ここにあるもの、それは「光と影・自然・愛」と語っています。この日の演奏は、バッハのシャコンヌから最後のカッチーニのアベマリアまで10曲。桂聰子(さとこ)さんは「画廊の絵がみんな動いていました」とその感動を話されました。【市民記者 上條】

梅雨あがる(1979)

梅雨あがる(1979)

画廊風景

ここでは、聰子さんがギャラリーコンサートとしてフルートを奏でられてもいます。調律の鈴木日出夫さんは、手をたたきながら、「ここは、響きがとても良い」と話されました。

桂重英(1909-1985)さんは、1966年、好きだった信州の風景を描くために、北アルプスの見えるこの地(里山辺林)に居をかまえ、亡くなるまで制作を続けました。

冬日老樹(1973)

冬日老樹(1973)冬枯れの木を何枚も描いた、この生命力が好きだったと聡子さん談。

「山頂山小屋で過ごした一週間、この世にこんな美しいものがあったのか、山々の厳かなたたずまいは、神々との巡り合いのようにすら思える程だった」と語る。

白馬大雪渓(1977)

白馬大雪渓(1977)

 

山麓-秋-(1978)

山麓-秋-(1978)

舘野さんは、今度は息子(バイオリニスト)と一緒に演奏をしてみたいとも話されました。

舘野さんは、今度は息子(バイオリニスト)と一緒に演奏をしてみたいとも話されました。

演奏終了後に記念撮影、左より:桂聡子(次女)さん、舘野泉さん、桂綾子(長女)さん、桂晴美(奥様)さん。

演奏終了後に記念撮影、左より:桂聰子(次女)さん、舘野泉さん、桂綾子(長女)さん、桂晴美(奥様)さん。

絵画作品の写真は、桂様よりお借りしたものを含んでいます。

お願い:2018年度からは、完全電話予約制となります、事前にお電話で来館日時をご予約の上お出かけくださいませ。☎0263-25-6419

 

 

 

 


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。