市民記者ブログ

松本市市制施行110周年記念展 特別展「山岳画家 武井真澂」

松本市市制施行110周年記念展 特別展「山岳画家 武井真澂」が
松本市立博物館で始まりました。
オープニングで特別展開催に当たり、スケッチ・写生帳など絵画資料約1,900点を寄贈いただいた武井真澂の御遺族に表彰状が渡されました。
DSCN0464DSCN0466
くすだまが割られ、その後内覧会がありました。
DSCN0477
武井真澂(しんちょう)(1875~1957、本名は武井真澄)は、現在の諏訪市出身の山岳画家で、東京美術学校鋳金科を卒業。
明治33年(1900)に母校である(旧制)松本中学校で、図画教師として14年間教鞭をとり、多くの画家を教え子として輩出しています。
退職後は再び上京し、山岳画家として活動しました。
DSCN0505
山岳絵画をはじめ、高山植物・動物・雲など、武井真澂の残したスケッチを中心に展示しています。
DSCN0480DSCN0481DSCN0482DSCN0486DSCN0487img src=”http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/citizensweblog/wp-content/uploads/sites/16/2017/07/DSCN0499-640×480.jpg” alt=”DSCN0499″ width=”640″ height=”480″ class=”alignnone size-large wp-image-32883″ />
こんな絵も
DSCN0488 DSCN0489 DSCN0490
山の絵はもちろん、動植物も多く描きとめてあります。じっくり見てください。

お土産もあります。
DSCN0508

会期 : 平成29年(2017)7月15日(土)~9月24日(日)
観覧時間 : 午前8時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)
※ 8月5日(土)~16日(水)は、開館時間延長により午前8時~午後6時(最終入館は午後5時30分)
会場 : 松本市立博物館 2階特別展示室
観覧料 : 通常観覧料 大人200円、小中学生100円
※ 国宝松本城との共通観覧券:大人610円、小中学生300円
※ 松本城・博物館・美術館共通観覧券:大人800円、小中学生370円

特別展記念講演会
演題 : 登った、描いた、詠んだ 山の絵描き・武井真澂
講師 : 丸山 和夫氏/「武井真澂電子資料館」館長
日時 : 平成29年(2017)8月26日(土) 午後1時30分~3時
会場 : 松本市立博物館 2階講堂
料金 : 通常観覧料 大人200円、小中学生100円 ※ 観覧チケットでお聞きいただけます。
定員 : 60人
申込み: 松本市立博物館、電話(0263-32-0133)またはファクス(0263-32-8974)

【市民記者 西森】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。