市民記者ブログ

工芸の五月 池上喫水社

工芸の五月 池上喫水社 行ってきました。
初期の3 年間に、湧水をきっかけに街と工芸をつなぐ「みずみずしい日常」の一環として行われた「池上喫水社」が復活です。
池上邸の蔵に設置した、ガラス作家、田中恭子のガラス器具の長いガラス管に湧水を通し、抽出される水出しコーヒーの展示。
コーヒーを扱うLPACKのふたりが、いろんな場所の湧水を使うことで 同じコーヒー豆でも、それぞれ味が違うのを感じてもらう喫茶を開いています。
DSC_6916
コーヒーは2ヶ所の湧水が選べます。
水出しコーヒーのゆっくり落ちる音と、時々ポコッっと水の音がするだけの静かな空間です。
コーヒーを飲みながらずっと見ていたいなぁと思ってしまいます。
DSC_6922

会場:池上邸 蔵
開催期間:2017/04/29(土) ~ 05/07(日)
開催時間 :10:00~17:00(平日は13:00~)
場所 松本市中央3-13-11

池上喫水社参りもあります。
水みずめぐり姫の案内で、お気に入りのみずさじ片手に、「池上喫水社」で使用している湧水のあるお庭をめぐり、利き水を楽しみ、湧水とガラスと珈琲のインスタレーションを鑑賞します。
定員/10名 要予約
会場 集合場所:松本市美術館 情報交流館前
開催期間 2017/05/04(木)
開催時間 13:00〜14:00
料金 300円~

【市民記者 西森】


工芸の五月 池上喫水社” への2件のコメント

  1.   やじほづさんより

    素敵な催し物ですね!数年前、西森記者とご一緒させていただいた場所ですね☝️️癒しを求めてお邪魔したいです

  2.   にしもりさんより

    やじほづさん ありがとうございます。
    6年ぶりに復活です。
    湧水の場所によって味が全然違います。
    忙しい毎日を忘れて ホッとしてくださいね。

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。