市民記者ブログ

追記:松本市立博物館 29年新春特別展

『松本ゆかりの武器・武具 -新収蔵資料を中心にー』
2階展示室で開催中です。

IMG_8861

近藤家寄贈 甲冑一式

近藤家寄贈 甲冑一式




平成28年夏、松本市立博物館へ「近藤家伝来の甲冑一式」が寄贈されました。
近藤家は、松本藩の最後の藩主戸田氏の家臣でした。

IMG_9586

筑摩神社寄託品 舞楽面

筑摩神社寄託品 舞楽面

筑摩神社寄贈品 朱塗紺糸威丸胴

筑摩神社寄託品 朱塗紺糸威丸胴




平成28年秋に、筑摩神社が所有する、神事に使用した道具類や武具の寄託品の展示も大変興味深いです。

IMG_8877

雨乞いの神事に使われた。

1月31日 学芸員の方にお話しを伺いました。
追記
IMG_9589

IMG_9590IMG_9597


江戸時代 東町に火縄銃を作る職人がいました。
『元禄期松本城下絵図』には、職人の「国友九郎兵衛(くにともくろべい)」さんの名前が町割屋敷に記載されています。
国友九郎兵衛は、松本で火縄銃を製造した鉄砲鍛冶の職人です。

平成の刀

平成の刀

室町時代の刀

室町時代の刀




新年を迎える特別展の期間限定で所蔵する刀剣類をお披露目しています。

最も新しい太刀は、松本城築城記念 平成五年に作られました。「宮入法廣作 太刀」

室町時代に作られた「打刀」「脇差」なども展示されています。

1部を紹介いたしましたが、他多数展示されています。
会期 1月3日(火)~ 2月19日(日)までです。

ぜひ松本市立博物館へお出かけください。

               【市民記者 山本】


追記:松本市立博物館 29年新春特別展” への2件のコメント

  1.   三浦一郎さんより

    『信濃の甲冑と刀剣』の著者の三浦です。筑摩神社の「朱塗紺糸威丸胴」は寄贈ではありません。寄託です。ご確認の上、訂正してください。 

    •   yamamotoさんより

      三浦さん ご指摘頂きありがとうございます。本日博物館を再訪して学芸員の方にお話しを伺い加筆訂正いたしました。

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。