市民記者ブログ

湧水の流れる美術館

◆11月9日(木)、松本てくてくマップの、あらたなコースを作製するにあたり、市民記者4人が取材をしました。今回のテーマは松本出身のアーティストや松本在住のクラフト作家の作品をたずねるギャラリーめぐり

情報がまとまり次第、マップの公開をいたしますが、その前に。。。
この市民記者ブログで、各ギャラリーのご紹介、取材をした感想などをお伝えいたします。スタートは松本市美術館です。

===================================

てくてくギャラリー取材日記【1】松本市美術館

幻の華松本市美術館といえば、入口にある草間彌生幻の華が、シンボルとなっています。館内に入る前に、まずはここから鑑賞。
草間彌生は、先日、日本人女性で初めて高松宮殿下記念世界文化賞を受賞しました。

草間彌生常設展草間の作品をはじめ、館内には、書家 上條信山洋画家 田村一男彫刻家 細川宗英の作品や、池上喜作氏が蒐集した、正岡子規を始めとする、明治から昭和初期の文人たちの資料を公開する、池上百竹亭コレクションが、常設展示されています。
※常設展示といっても、定期的に作品の入れ替えがあるそうですので、チェックを忘れずに!

拓本の体験上條信山記念展示室では、展示室の中に四阿(あずまや)風のコーナーがあり、拓本の体験をすることができます。
作品の鑑賞だけでなく、こういった体験もできると、楽しいですよネ。

※松本市美術館では、2007年1月8日まで、企画展 近代日本洋画の志深く(こころざしふかく)を開催中。(観覧料=大人1,000円、大学高校生700円 ※観覧料は展覧会によって異なります。それぞれの観覧料で常設展示も鑑賞できます。)

彌生スペシャル!館内を一通り鑑賞し、中庭で一休みしようとした時です。こんな自動販売機が!
なんと、草間彌生スペシャル!しかも、本人のサイン付き。2005という文字も見えるので、おそらく昨年の企画展で来館した時のサインではないでしょうか?

美術館中庭市民創造ひろばと名付けられた中庭は、緑の芝生の静かな空間です。松本駅前から続くあがたの森通りの喧噪が、まるでうそのよう。
そして、松本の中心街のあちこちでみられる湧水の流れが、この美術館のステキな景観も作り上げています。

松本市中央4-2-22  
TEL: 0263-39-7400
【開館時間】
午前9時〜午後5時まで
【休館日】
月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)

◆松本市美術館のサイトはこちらからご覧ください。

(市民記者=一志 さえ美)


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。