市民記者ブログ

モローとルオー 

DSCN8015
松本市美術館で3月23日(日)まで「モローとルオー 聖なるものの継承と変容」が開催中です。


国立美術学校で師弟関係であった ギュスターヴ・モローとジョルジュ・ルオー。
パリ、ギュスターヴ・モロー美術館とジョルジュ・ルオー財団の共同企画による世界で初めての二人展です。

DSCN8025 DSCN7997

モローの晩年の未公開作品や資料、ルオーの美術大学時代の初期の作品等の巡回展の作品に加えルオーの優品を松本会場独自で追加出品しています。

DSCN7987 

外ではこの展覧会のDVDも流れています。
DSCN8005

お帰りには是非ミュージアムショップものぞいてみてください。
DSCN8040 DSCN8039 DSCN8038


詳しくはこちら、松本市美術館のホームページをご覧ください。

(写真は美術館の許可を受けて撮影しています。)
【市民記者 西森】


モローとルオー ” への1件のコメント

  1.   えむこさんより

    松本市美術館の企画展はバラエティに富んでいて従来地方では鑑賞が難しかった貴重な絵画や美術を鑑賞できるのが嬉しいです。
    地元の世界的アーティスト草間彌生さんをはじめ松本市ゆかりの作家の作品の常設展示、また
    2階には市民ギャラリーがあります。松本市は生涯学習が盛んな街で芸術文化は多彩なものがありますが、それぞれの成果を気軽に発表できる場としてこの美術館の中にに整備された施設となっているのもわかります。
    都会に比べれば美術館の規模としては大きくはないですがとても魅力ある美術館だと思います。

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。